1999/12/19/SUN




今回もよく晴れていました・・・・・・。
回を重ねるごとに人数が増えるというのは嬉しいものです。
ドリンクを持って来るウエイターの「なんだ!この集まりわ!」的な顔はかなり印象に残りました。
十分わかっているつもりです。
だから、カラオケルームの個室を選んでいるのです。
これも慣れれば何とも思わなくなりますよ。(ウエイターさん)
この催眠術OFF会も皆さんが楽しく有意義に思っていただければ、それで十分です。
次会もさらに盛り上がりましょうね!(^^)

by Yutaka Minami



********************************************************************************


仲道嘉夫さん

実際の催眠誘導等見せて頂き、結構面白かったです。
今度は、ぜひ、掛けて見たいと思ってます。
で、思った事なんですが、やっぱ、人数が多かったですかねえ。
いたる所で、催眠誘導やっていて、集中できない。というか、結構、気が散る。
2部屋ぐらいに分けてやったらどうでしょう。?
#掛ける人も多いし、、、
私は弛緩系の催眠しかかかりませんでしたが。
#コップは好きになれなかった。^^;
あのあと、家に帰って、なるべく忘れないうちに自己催眠やって見ました。
前より深く入って行ける感じです。
体が自己流でやっていた時より、暖かく(暑く)なりました。
また、機会がありましたら参加したいと思います。



********************************************************************************


北原 淳さん

こんばんは、北原です。人数が多くて、大変だったことと思います。
お疲れさまでした。今回は、個性的なヒトが多かったですね。おもしろかったです。
僕の方は、施術も何度かでき、いい実践練習になりました。
ありがとうございました。
次回も楽しみにしています。(^−^)



********************************************************************************


内藤 真さん

昨日は貴重な体験をさせていただき、誠に有り難うございます。

脇道にそれる話ですが、私は臨床心理士の資格をとろうかとも考えています。
今、夜学で通えるのは、専修大学と岡山大学くらいみたいですね。
(おいおい、その間の収入はどうするんだよ!)
でも、おもしろそうです。
(ただ、臨床心理士の看板だけで生活するのは難しいみたい。
かといって、日本にはアメリカみたいに精神分析医とかサイコセラピストがいるわけではないし、
一方、日本の精神科医というのは、患者を薬漬けにすることを任務としているようだし、・・・・・・・・・
私は、日本には臨床心理士(アメリカで言う精神分析医)は必要だと思います。
ただ、臨床心理士のテスト問題は半分、行動心理学の問題だったような気がするので、ちょっと気が進まない。

さて、本題
きのうの総括

●結論。一度、深い催眠状態に入ってみたい。

まわりくどい話になりますが、精神とは何かについて、心身2元論と、唯物論という二つにわけたとき、
医学教育では、意識とは、細胞が活動するときの電位に還元できるという徹底した唯物論にたちます。
これに対して、ヨーロッパ系の心理学の本を開くと、
人間の精神は全員が深い井戸の底でつながっているとの考え方も妥当であると肯定されているようです。
これだけ、西洋医学がもてはやされる時代に、日本でなお、ユングが受け入れられるのは、
そのほうが、医学者の説明より、実感として、納得できるし、実際役に立つからでしょう。

特に、記憶喪失とか、吃音とかについては、還元論的考えで対処できないと思います。

いずれの立場が正しいかは、不明ですが、情緒的に、自分の精神が、
脳波計や、MRIなどで測定できるはずがないとの思いこみはあります。
その思いこみの立場からは、催眠術というのは、
人間の肉体と精神と言語との、危うい一面を覗かせてくれる道具であり、
かつ、決して還元論的アプローチで説明できない手法だと思います。

個人的に催眠術に対して期待していること

(1) 精神---言語というつながりがあり、うまく催眠術にかかるためには、
  与えられた言語を、いかにイメージ化するかにかかっていると思います。
  これが上手でない人は、催眠術にかかるのも下手ではないか。
  (例えば、梅干しと聞いて、すっぱい感覚を直ちに呼び起こせない人は、催眠術にかかるのは難しい)
(2) 一方、自分の中に、非言語、非感覚的精神
  (後天的に外部感覚からのリアクションでつくられた領域ではない部分)
  (つまり、記憶によって形成されたのではない精神)に対しては、催眠術はどう働くのでしょう。
  (非感覚的なものを、言葉による連想に置き換えて表現することは可能かもしれない)
  私の場合、自分の最初の感覚は、呼吸器的触覚であったような気がしますが、自力ではその前には遡れない。
  (誕生を境にすべて忘れてしまったような)
  また、最初の視覚的記憶が、抽象的な赤い玉のようなものだった気がするが、
  これが、果たして、電球か、何かを見た印象なのかも今は分からない。
(3) さらに言うなら、「たしか、何か大事なことをするつもりだったような」
  印象は頭の隅にあるのだけれども、何だったか、すっかり忘れてしまったような、
  でも、周期的に、それを思い出せないいらだちを感じます。
  でも、ときどき、「これではいけない。なんだったけ?」と、思いだそうと、突飛な行動をとりたくもなります。
  (結局、できないでいますが・・・・・)催眠状態なら、思い出せるかもという期待があります。

こんなところが私が催眠術に対して期待するところなのですが、また、今後の課題にします。



********************************************************************************


城市勇三さん

だんだん盛況になってきましたね。
催眠を勉強しようという気持ちになったのは私がやっている生命磁気によるパワーがより強くなり又、
相手により効果的に作用するのではないかというのが目的でした。
たまたまショー催眠から入ったのですが、
ここのところ従来の施術のしかたに催眠の暗示誘導のテクニックを用いてみたところ大変、
好評でこのスタイルをもっと深めてゆきたいと考えています。
催眠術というのはなかなか幅もあり奥も深いのでいろいろな角度からアプローチするのも面白いと考えています。
今後もよろしく



********************************************************************************


岩渕洋一さん

お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
南さんらしい集まりになったなと思いました。
最初はどういう展開になるのかハラハラしてたんですが・・・^_^;
京助さんは確かに凄かったです。とても勉強になりました。
次回も参加したいなと思います。



********************************************************************************


長谷川剛弘さん

昨日はありがとうございました。
昨日じゅうにメールしようとしたんでが、あのあともなかなか忙しくて。
とても参考になりました。
正直自分でももっとかかってみたかったです。
でも全然かからないより、手だけでもかかってすごくうれしかったです。
僕にとって大きな一歩です。
予想以上に皆さん楽しい人ばかりだったので、次もぜひ参加したいです。
今から予定あけておきます。



********************************************************************************


尾谷幸治さん


********************************************************************************


伊沢弘通さん

日曜日はありがとうございました。
前回よりもリラックスできました
(前回は初めてということもあって、催眠術に対する不安もありましたし・・・)。
今回は、暗示をかけるタイミングや話す速さ、
内容など自分なりに学び取ったつもりです。
ただそれを実際に実践で試す機会がほとんどなく力にならないのが残念なところです。
次回はかからなくてもともとというつもりで、
かけるのにもチャレンジしてみたいです。
一ヶ月勉強します!



********************************************************************************


杉本朋彦さん

今回初めて催眠術をかけて貰ったオフ会の感想を書きます。

まず、自分とは別の人も催眠術にかかってみたいと言う人が結構いた。
催眠術を習いたいがまずかかってみないと言う人がほとんどだった、かく言うσ(^^;)も。

最初に他の人が催眠術にかかるところを見てみる。
TVでも催眠術ショーは見たことはあるが催眠導入の部分は放送されないので初めて見る。
うまく最初に人はかかったようであるが、やはり自分がかからないとピンとこない(^_^;)。

次に最初に催眠術をかけた人が集団催眠にチャレンジするのでその被験者に加わってみる。
術者の声に従って動作を行う。
数分後、かかっちゃったみたいだ(^◇^;)両手を伸ばして左右の手をきつく握っていると、
その手が離れないと言われてホントに離れない!
自分ではどの段階でかかったのかよく分からない(?_?)。
それほど自分自身の意識としてはハッキリしていたし術者の声もよく聞こえた。

かかったと言うことで数字の「7」を忘れるよう言われて1から順に指折り数えてみると、
6でピタッと止まり確かに「7」が出てこない。
頭の中には「7」は存在するのだが言葉にして出そうとしても出てこない、
しかし 「3+4=は?」と言われると何故か出た?(^◇^;)
次に「9」を忘れてみるが、「7」を忘れる暗示が残っていたため「9」の前に「7」で引っかかった(笑)。

その後オフ会に出ている人と催眠術に関して色々話をしながらその合間に色々暗示をかけて貰った、
自分の場合今回は筋反射(?)の暗示にはよくかかるようだ、
テーブルにくっつけた手が離れない、後ろには歩けるが前には歩けない、
術者がコップの口を塞ぐと喋れないなどは見事にかかったが、
グレープフルーツジュースがコーラの味がするとか、
目の前のコップが命の次に大事に感じると言った暗示にはうまくかからなかった(^_^;)
手が動かないとかの暗示の状態では動く気が頭ではするのだが、
動かそうとすると違うところに力が入り動かしたい所が動かない。
動かそうとするのを止めると不思議と楽になる感じがした。

自分でも他人に催眠術をかけたいと思うがやっぱり自分自身にかけたいと思い、
催眠状態になるスイッチを付けて貰った(^◇^;)。
付けて貰ったのは良いが催眠状態の把握が出来ないのでまだ
スイッチは使いこなせていない、もう少し深くかけて貰って催眠状態を記憶しないとダメなのだろうか?

オフ会の最後にスイッチの暗示だけを残して全ての暗示を解いて貰った。

最後にこのような会を開いていただいた南さんには大変感謝しています。



********************************************************************************


吉浜 勉さん

昨日はありがとうございました。
南さんとの出会いに本当に感謝です。
今までに参加した会の中で、
南さんのそれが、一番アットホームで楽しかったように思えます。
ありがとうございました。



********************************************************************************
参加者の皆さん、ありがとうございました。m(_ _)m
前ページへ