1999/10/31/SUN




よく晴れた日曜日、新宿アルタ1Fのエレベーター前12:00pm集合。
みんな緊張した様子の中、1次会はとあるカラオケルームを12:15pm〜7:00pmまで借り切って行いました。
2次会は7:30pm〜10:30pmまでお洒落なバーで飲み直し、
3次会は10:45pm〜11:20pmまでラーメン屋で腹いっぱい食べて解散しました。
この段階では3名になっていました。
みなさんお疲れさまでした。(^^)

by Yutaka Minami



********************************************************************************


伊沢弘通さん

日曜日はどうもありがとうございました。
催眠術をはじめて観ることができ、うれしいです。
導入の部分はもっと時間をかけてやるのだと思っていたのですが、
結構あっさりしていて、それでもすぐにかかるので驚きました。
次回はわたしも少し勉強してかけてみたいと思いました。
それから、かかってもみたいです。
またぜひ声をかけてください。



********************************************************************************


星野輝男さん

私のやり方は非常に時間がかかるのであの場所で、
貴重な時間を消費してしまうにはあまりにも申し訳ないような気がいたします。
しかし、私はやはり生徒たちの心に作用を及ぼす力が大きいものなので、慎重に正確にソフトに誘導しています。
それが他人の心に対する真摯な態度だろうと思っているのです。
ですから、道具も何も使わずに、心をこめた自分の言葉だけで誘導しようと思っています。
しかし、もちろん誘導の種類については、
色々と本を読みながら、これは慎重でまじめだなと思った場合には果敢に実験しています。
その意味では、私はいろいろな誘導の種類にもとても興味があります。
しかし、今はどちらかというと誘導してそれからいったいどうするのかということに興味が集中しています。
というのも、わたしの関わらなければならない生徒たちの中には、
それが、不安神経症なのかそれとも抑うつ神経症なのかを見極めなければならないのに、
その境界上ではっきり分からないために念のため催眠は控えなければならない場合もあるからです。
抑うつであれば励ますことも控えなければならないわけですから、言葉の一つ一つにとても慎重になります。
もちろん、それが心因性精神病などであったりしたら、
即両親を呼んで信頼できる診療施設を紹介すべきかもしれません。
しかし、その時だって、実は、こちらの判断をどう両親に言ってみたものか全く見当がつかないのです。
ショックや怒り羞恥など複雑な感情が交差するに違いありません。
しかし、多くの受験生達はそれでなくても不安な時間を耐えながら受験場へと臨んでいきます。
ですから、実は単にこの時期のこの受験という状況での普通の不安に過ぎないという場合がほとんどです。
この不安と神経症的な不安と精神病的な不安とを境界上で判断することも、
現場にいる以上必要な仕事になることがあります。
ですから、できれば、ショウ催眠とは別に、
医療催眠について勉強や情報を交換する時間もしっかり欲しいと思っています。
できれば何かの医療催眠書を叩き台にして勉強会を開いて欲しいとも思っているのですが、
それは南さんのようにそれなりの機関で勉強する必要があることなのかもしれませんね。
実は、カウンセリングについてもとても興味があるので、
その情報を交換し腕を磨く時間も欲しいなど私は実に欲張りな事を考えています。
しかし、私の仕事上ユンクであろうとロジャーズであろうと実際には、
カウンセリングの技法などはどんどん実行していかなければなりません。
ためらっている時間はなく、失敗も多々あります。
そのような催眠と別、または前の段階で必要なものも一緒に勉強していく、
同好の士がいればどれほど心強いだろうとも思っています。
急にではなくても、少しずつそうなっていくといいと思っています。宜しくお願いします。



********************************************************************************


近藤淳一さん

次々と催眠状態に入っていく人を見ながら、不思議と感じながらも自分の番を楽しみに待っている。
一応催眠の知識は得ているが本当に自分もそうなるのと、半信半疑。
首をゆっくりまわして、言葉に誘導されると、手を離せなくなる。
椅子に座れないと、次々と操り人形状態に。

一番不思議だったのが、部屋から出れなくなる暗示。
ドアのぶに手は掛かるのだが、前へ押せない、体が前へ動けない。
1、2、3と暗示を解いてもらう。普通に部屋の外に出れる。
いいシーンだったということで、写真の撮影のために、再び暗示を。
また出れなくなるあわれな自分をパチリとデジカメにおさめられてしまう。

その他にも、ショー催眠と医療催眠の違いなどを説明してくださったり、
催眠をかけすぎて出入り禁止の店まで出てしまうなど興味深い話が聞けて大満足です。

以前自分でかなり長い間、躁状態の時とは、催眠をかけてもらった時とは、かなり違います。
当然暗示が違うので当然なのですが。

また参加させていただきます。
またこのような集まりがありましたらお知らせしてください。



********************************************************************************
参加者の皆さん、ありがとうございました。m(_ _)m
前ページへ